緊急地震速報 (株)PAシステム

(株)PAシステム[弱電/通信設備設計施工]

緊急地震速報とは

緊急地震速報は、地震の前に揺れが来るのを知ることが出来るシステムです
2007年10月より、気象庁は世界で初めての試み「緊急地震速報」が一般利用できるようなりました。
大きな地震だけを配信するのではなく、地震(M.3.5以上<震度1でも>もしくは最大予測震度3以上)が発生すれば発生時刻、震源地情報、マグニチュードの大きさの予測を随時配信しています。その情報を受けられるのは、高度利用者向けの緊急地震速報受信機となり、テレビやラジオ,携帯電話などの、一般緊急地震速報とは異なります。

高度利用者向けと一般利用者向けとの違い
高度利用者向け 震度の大きさを問わず緊急地震速報の第1報から受信することができます。受信するには専用の受信機が必要となり設置場所の緯度・経度、地盤の振幅率などの情報を予めセットし、設置場所に震度いくつの地震が何秒後に来るかの情報を提供します。専用の受信機は震度1から 震度7まで自由に設定が可能です。※受信するには配信料が必要となります
一般利用者向け 誰もが無料でテレビやラジオ、携帯電話などから地震が来ることを知ることができます。ただし緊急地震速報の第2報以降で震源が震度5弱以上と思われる場合のみ各放送局が情報として放送します。

緊急地震速報の仕組み

震央に近い観測点(全国1,200箇所以上、気象庁・防災科学研究所設置)から、気象庁、地震速報諸機関を経由して、即刻に地震予測データーを利用者にインターネット、IPV6網、衛星通信などから提供するサービスです。

地震速報のしくみ、揺れる前に知る
地震波には、伝播速度が速い「P(プライマリ)波」(約7km/秒)と、大きな揺れを起こす伝播速度の遅い「S(セカンダリ)波」(約4km/秒)があります。緊急地震速報は震源地付近で検知したP波の初動データを使い、震源地情報をコンピューターで解析し、S波による強い揺れが来ることを事前に告知する情報です。これまでの研究・調査により P波の発生検知からS波到達までには数秒から数十秒あると言われており警戒情報などを発することで地震による死傷者は大幅に軽減できると考えられています。

緊急地震速報の応用と連動

基本的に現在ご使用の放送設備に組み込み、地震速報を全館に自動放送します。放送設備が無い場合、スピーカーが付属品として付いてますが、規模により放送アンプ・スピーカーを増設します。

緊急地震速報と連動機器
放送設備 現在お使いの放送設備に組み入れる事で、地震速報を優先して放送します。
表示器 放送が聞こえない方や、騒音で聞こえにくい施設は、表示器(フラッシュ・パトライト等)でお知らせします。
エレベーター 揺れる前にエレベーターを最寄の階に停止し、閉じ込めを防止します。
自動ドア 揺れる前に自動ドアを解放し、屋外避難経路の確保、閉じ込めの防止をします。
工場等の機械設備 地震到達前に稼働機械を緊急停止し、オペレーターを保護します。
※調査・ご相談・お見積もり無料です。

<< 前のページに戻る

アクセス

埼玉県さいたま市見沼区春岡3-49-4
TEL:048-688-4181
受付:8:30~17:30
定休日:土日祝

当社施工件名【抜粋】

・(株)ヤマタネ 7拠点
・日本航空電子(株) 8拠点
・カルソニックカンセイ(株) 21拠点
・キョクレイ(株) 5拠点
・小松製作所(株)
・(株)中村屋
・理研ビタミン(株)
・(株)牧野フライス製作所
・日本大学第二中学高等学校
・リズム時計工業(株)
・(株)タムロン
・(株)明電舎
・川口市立川口総合高校
・川口市立川口高校
・(株)オハラ
・カプスゲルジャパン(株)
・AGCグラスプロダクツ(株)
・蕨市立病院
・大和千葉製罐(株)
・日本鋳鉄管(株)
・京三電機(株)
・(株)CREロジスクエア
・(株)エスシープレコン
・他多数

地震速報利用者協議会
EEWRK-144

マンション管理組合様

監視カメラ・インターホン・テレビ共同受信等の修繕・リニューアルのご相談受付けております
詳細はこちら

ビルメンテナンス会社様

弱電設備の修繕・リニューアルのご相談受付けております
詳細はこちら

↑ PAGE TOP